NPO法人
シマフクロウ・エイド

ご支援のお願い

生態系のトップで、環境の指標であるシマフクロウの危機的状況は、私たちの暮らしの安心安全と深く関わっています。
シマフクロウの保護や環境保全の取り組みを適切で効果的に進めていくことが肝心です。
それには、地域住民をはじめ多くの人が課題を共有し配慮することが大切です。
私たちの住む環境を守ることにつながる当活動を、ぜひご支援ください。

※ご寄付は1000円から。寄付の10%は経費に使わせていただきます。

守りたい寄付─調査やパトロール活動を応援したい─

当活動の最重要基盤となります。当NPOでは、調査員を任命し「シマフクロウの生息調査やモニタリング」を定期的に実施しています。ご寄付は、調査に必要な調査機材・備品代、車輛・燃料代になります。
ご寄付によって、シマフクロウ保護を適切で効果的に進めるための基盤となる調査を継続的に進められます。

●3000円で、調査約1回の車燃料代になります。
●10,000円で、モニタリング調査1.5ヶ月分のデータ記録備品代になります。

モニ調査応援隊寄付もこちらから受け付けております。
今まで明らかにされていない補助給餌の実態を把握するモニタリング調査を実施しています
。成果を、シマフクロウの移動分散や自立を促進するための保護対策に活用していく予定です。

ご入金後、ご連絡フォームにて「モニ調査応援隊寄付」を選択してご送信ください。

これまでの寄付使途ご報告

ご寄付の方法を選択してください。

クレジットカードの場合

1カ月ごと継続的に寄付を希望される場合はこちら

初 回 円   
次回以降

1回のみのご寄付を希望される場合はこちら

円 

銀行振込/郵便振替でお支払い
おさかな寄付─シマフクロウにお魚をプレゼントしたい─

当NPOでは、絶滅危機のシマフクロウの繁殖を支援する補助給餌に携わっています。ご寄付は、専用給餌池に放流する活きたヤマメの購入代金になります。
ヤマメの価格は1匹あたり約137円。1回約50kgで7万5千円(約1.5カ月分)。1年で8~10回放流しています。
ご寄付によって、シマフクロウの繁殖を応援する力になります。

●3,000円で成鳥2羽約2日分の食事代になります。

これまでの寄付使途ご報告

ご寄付の方法を選択してください。

クレジットカードの場合

1カ月ごと継続的に寄付を希望される場合はこちら

初 回 円   
次回以降

1回のみのご寄付を希望される場合はこちら

円 

銀行振込/郵便振替でお支払い
キッズ寄付─次の時代を担う子供たちの教育を応援したい─

シマフクロウをバロメーターに身近な生きものや環境から自分と環境、一次産業とのつながりを見つめ直す出前授業を学校の総合学習で実施しています。地域特性を学び直し、地域の森から海までの大きな繋がりの大切さを学び、同時にそれらが人の営みや産業を支える基盤であることを体験を通じて理解し、持続可能な地域作りを実現する担い手を育成しています。
ご寄付によって、より多くの学校で出前授業を実現できます。

●授業実施準備費(下見等にかかる旅費、教材作成費)や、授業の記録などをサポートいただくボランティアさんの旅費になります。

これまでの寄付使途ご報告

ご寄付の方法を選択してください。

クレジットカードの場合

1カ月ごと継続的に寄付を希望される場合はこちら

初 回 円   
次回以降

1回のみのご寄付を希望される場合はこちら

円 

銀行振込/郵便振替でお支払い
ささえたい寄付─シマフクロウ・エイドを応援したい─

シマフクロウを守ることは森林生態系を守ること。私達をはじめ多様な生き物も守ることになります。
会費や寄付を原資に、多様なパートナーと協働で課題解決に取組んでいます。
ご寄付は、「持続可能な地域づくり、生物多様性保全の保全、絶滅危惧種シマフクロウとの共存」を進める運営を継続的に支える力となります。

●10,000円で、通信費1ヶ月分になります。
 50,000円~、環境保全等研修会参加や視察のための旅費になります。

これまでの寄付使途ご報告

ご寄付の方法を選択してください。

クレジットカードの場合

1カ月ごと継続的に寄付を希望される場合はこちら

初 回 円   
次回以降

1回のみのご寄付を希望される場合はこちら

円 

銀行振込/郵便振替でお支払い
寄付の種類
対 象 用 途 具体的なイメージ
守りたい寄付 調査研究 車両、燃料、機材 3,000円で約1回の調査車両・燃料代
おさかな寄付 給 餌 活魚購入 1,000円で成鳥2羽1日分の食事代
キッズ寄付 教 育 授業代 3,000円×10で授業1回分の教育実施費
ささえたい寄付 活動費 運 営 5,000円で会報誌1回分の発送代

お申し込みフォームへ