NPO法人
シマフクロウ・エイド

団体情報

シマフクロウ・エイドとは

私たちは、町内外の賛同者、企業、行政、団体等の協力や支援のもと、
シマフクロウの保護を進めるNPO法人です。

エイドには支える・支援するという意味があります。
理念図のように、保護活動を通して得た、成果や課題を環境教育や広報を通じて
地域や社会に還元することによって、サポーターや寄付など様々な支援を受けながら活動を行っています。
その活動の結果、図の外側の緑色の文字の目標が達成できると考えています。

*各イラストをクリックすると実際の写真が見られます*

シマフクロウ/協働の図

かつてのようにシマフクロウが北海道中の森に暮らす姿、
それが私たちの活動のゴールです。

ゴールに向けて私たちは・・・

  • 陸~海、人をつなぐ 森林生態系の保全
  • シマフクロウの保護・保全
  • 人もシマフクロウも喜ぶ地域づくり
代表インタビュー

団体情報

法人名 NPO法人シマフクロウ・エイド
所在地 〒088-1366
北海道厚岸郡浜中町茶内橋北西85番地
連絡先 0153-65-2183
設立 2008年6月
事業内容 シマフクロウの保護・保全、普及・啓発

沿 革

1992 任意団体の「シマフクロウ を増やす会」を発足
2008.6.24 NPO法人シマフクロウ・エイド設立
2009 浜中町の造船所で専用巣箱を制作し、環境省の巣箱かけ事業で山林に設置
2011 北海道新聞社「第10回北海道新聞北のみらい奨励賞」受賞
公益財団法人日本野鳥の会実施のシマフクロウ生息調査に協力
釧路管内1エリアで新たなつがい発見(2012年)
2013 林野庁北海道森林管理局よりシンポジウム「巡視パトロールの最前線」にて基調講演
公益財団法人知床財団より講演会「私たちの町のシマフクロウ」にて基調講演
JICA-国際協力機構より野生動物保護管理をテーマに講師受託
釧路地区地域子ども会育成指導者研究協議会より講師受託
出前授業「シマフクロウ学習」開始
釧路管内で継続観察していた1個体のつがい形成を確認
2014 JICA-国際協力機構より野生動物保護管理をテーマに講師受託
2015 24時間モニタリング調査試験運転開始
2016 24時間モニタリング調査開始
WEBサイトリニューアル
2017 WEBサイト・英語ページリンク作成
団体パンフレットリニューアル
国連生物多様性の10年日本委員会「生物多様性アクション大賞2017」入賞
2018 給餌のモニタリング調査 親子の実施
アートでシマフクロウ応援プロジェクト実施
浜中町の小中高校にて出前授業 実施

2019

 

 

 

 

 

2020

北海道のウェブサイト「生物多様性の保全」のページに、「シマフクロウの森の再生」新ページ作成にあたり写真提供等協力
認定NPO法人アサザ基金と環境教育事業を協働し「人もシマフクロウも喜ぶ地域づくり学習」を実施
昭和女子大付属昭和中学校の伝統授業「私の研究」で選抜された「研究テーマ:シマフクロウ」に取材協力
シマフクロウの生息環境の再生に質する「生物多様性の保全、持続可能な一次産業と暮しを守る森づくり」について関係機関と合意を形成

社会貢献財団の第52回社会貢献者賞にて当代表理事、事務局長が受賞

浜中町の水源域における道有林(トドマツ主体の人工林)の混交林化で森里海の持続的な繋がりの再生に向けて、北海道、浜中町、散布漁協、浜中漁協、NPO法人シマフクロウ・エイドで合意が成立。協定締結に向け、専門家を交え現地検討会を行い実施計画を策定した。

周辺市町の複数流域の水源域となる浜中町の酪農地帯の水源林・河畔林再生。多様な主体と協働で自然と一次産業の共存を目指す「シマフクロウの道再生プロジェクト WAKKA」を酪農業者、林業家、NPO法人シマフクロウ・エイドや諸アドバイザーや環境調査員、樹木医等で始動した。初年は環境調査として次年度の植樹地に隣接する河川周辺域の生物調査や樹種選定調査を実施した。

役 員

代表理事

菅野 正巳:
環境省嘱託シマフクロウ保護監視員
環境省委嘱希少野生動植物種保存推進員
北海道森林管理局 自然保護管理員

副代表理事 金澤 裕司:
羅臼町教育委員会 自然環境教育 主幹
理 事

不破 理江:ロシア語 通訳
佐藤 文男:(公財)山階鳥類研究所 特別研究員
武士 聡:民宿霧多布里 代表
松岡 慶太:株式会社Greateful Farm  代表取締役
吉田 俊彦:NPO法人バーブレスフック普及協会  代表理事
菅野 直子:NPO法人シマフクロウエイド事務局長 兼務

監 事

山﨑 貞夫:山﨑林業(株) 代表取締役

   

事業計画・予算/事業報告・決算